Fedora 35 Beta にアップグレード

Fedora 34 をFedora 35 Betaにアップグレード

 

$ sudo dnf system-upgrade --releasever 35 download
$ sudo dnf system-upgrade reboot

最初のOS一覧でFedora 34を選択

アップグレードが始まり、再起動される

最初のOS一覧でFedora 34を選択

Fedora 35 Betaが起動する

 

最初のOS一覧に新しいKernelが表示されるようにする

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

再起動

最初のOS一覧でFedora 35が表示されるが、文字が大きい、Arch Linuxとかが表示されない。

Linux Mintを起動して、

$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

$ sudo grub-install --target=i386-pc --recheck /dev/sda

すると、Arch Linuxが最初のOS一覧に表示された。

 

日本語入力にするには、

右上の「あ」をクリックしてキーボードレイアウトを表示すると、

入力モード(あ)とツールが表示される。

Ctrl + i で日本語入力にすると、右上に「あ」が表示される

 

Beta Fedora 35: x86_64 DVD ISO

Download Fedora Workstation

 

/dev/sda9  /              23G

/dev/sda10  /var         9.2GB

/dev/sda11  /tmp        1.9GB

/dev/sda12  /home    98GB

 

kernel 5.14.9-200 ($ uname -a)

GNOME 41.1
Firefox 94.0 (64 ビット)  ページの表示が早い。2回めの起動が早い

ウィンドウシステム Wayland

Tweaks フォント Cantarell Regular 11

 

    最初にやること

  ・Mozcで日本語入力に切り替えられないとき。ツールが表示されないとき

  ・Dash-to-dockを追加 $ sudo dnf install gnome-shell-extension-dash-to-dock

   ・GNOME40 - 影の日記

   ・How do I install Dash to Dock in Fedora 34... for dummies? : Fedora

$ dnf search gnome-music

$ sudo dnf install gnome-music

 

$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://dl.flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

$ flatpak search skype

$ flatpak install skype

Arch Linuxでflatpakを利用する | クロの思考ノート

 

Fedora 35 Betaリリース!新機能と特徴とレビュー評価 : うつ病けんけんのFedora/Linux日記

AlmaLinux 8.4 インストール

f:id:fedora9:20210930234004p:plain

CloudLinux社が主導して開発している無償利用可能なRHELクローンです。

 

alma linux 8.4 minimal iso download

Index of /almalinux/8.4/isos/x86_64/

 

インストールソース

http://ftp.sakura.ad.jp/almalinux/8.3/BaseOS/x86_64/os/

ソフトウエアの選択

サーバー(GUI 使用)

 

/dev/mapper/almalinux-root  /             70G

/dev/sda23  /tmp       1.0GB

/dev/mapper/almalinux-home  /home  90GB

 

他のLinuxをインストールした後、AlmaLinuxのGRUBを使いたい場合

GRUBのインストール

$ sudo grub2-install --target=i386-pc --recheck /dev/sda

OSの一覧の設定 /boot/grub2/grub.cfg

ArchLinuxのインストール(3つのブート方式ごとの設定) - Qiita

 

# ifconfig

# ifup enp3s0

 

GNOME インストール

# dnf update

# dnf group list

# yum groupinstall "Server with GUI"

# systemctl set-default graphical.target

# reboot

How to install Gnome GUI on Almalinux 8.4 - Linux Shout

 

# dnf install os-prober

# vim /etc/default/grub して、以下を追加

GRUB_DISABLE_OS_PROBER=false

# chmod u+x /etc/grub.d/30_os-prober

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

 

Tweaks インストール

 

日本語入力できるようにする

# dnf -y install libkkc libkkc-data ibus-kkc  して、再起動

設定の地域と言語の入力ソースの+で日本語(かな漢字)を追加すると

右上に「あ」が表示される

右上の「あ」をクリックして、Preferencesを開き、

ショートカットで、ひらがなを選択して、直接入力モードに変更をCtrl + i に設定、

直接入力を選択して、ひらがな入力モードに変更をCtrl + i に設定

【CentOS8】日本語入力ができないときの対処方法 - Qiita

 

bitWalk's: [AlmaLinux 8] インストール

 

AlmaLinuxとは

 

gdb

x86_64 プログラミング入門

 

Fedora 34

 

$ vi add.s

$ gcc add.s

$ ls

 

$ gdb a.out

(gdb)start   「プログラムを起動し、main関数の先頭でプログラムを一旦停止する」

(gdb)info registers   レジスタを表示

(gdb) disassemble   現在実行中の関数に含まれる命令を表示 

(gdb) info register

(gdb) stepi    一命令実行する 

(gdb) info register

(gdb) quit   gdb を終了

 

x86_64 機械語入門

 

アセンブラ

アセンブラをゼロから作って自作コンパイラをアセンブルするまで(日記)

 

Fedora 34

 

$ mkdir assembler

$ cd assembler

$ vi min.s

$ as -o min.o min.s

 

$ sudo dnf install golang

$ vi main.go

$ go run main.go > main.o

 

$ diff min.o main.o

同じなので何も表示されない

 

min.oの内容を表示

$ xxd -g 1 -c 32 min.o

 

ELFフォーマット

Man page of ELF

Debian liveでgrub修復

Debian Linuxのインストール時にエラーが出て、OS一覧が表示されなくなったので、

Debian liveで起動

$ sudo mount /dev/sda1 /mnt

/dev/sda1がVine Linuxの/

$ sudo grub-install --root-directory=/mnt /dev/sda

再起動すると、OS一覧にVine Linuxのみ表示され、

Vine Linuxを起動できた。

 

grub rescueが表示されたのでブートUSBでgrubを修復してみる | bitware(ビットウェア)